格安スマホ3台で1万円切る理由

今話題の格安スマホ、家族3台を契約しても1万円を切る理由とおすすめMVNOを解説!今のスマホを活用すれば、格安SIMのみの契約で済むので3台で4,000円台も可能!スマホ代節約の一手に、格安スマホをどうぞ!

mineoの料金と評判・詳細について

      2016/04/01

mineoの特色

mineoは、auやdocomoと同じ回線を利用した、格安SIMと格安スマートフォンを扱っているMVNOです。au、docomo、Softbankから乗り換えると、スマートフォンの月額使用料を大幅に削減することができると期待できます。たった1,310円/月で格安SIMを使うことが出来るので、ユーザーの間でもmineo(マイネオ)は注目を集めています。MVNOとしては国内で初めてのマルチキャリアであり、au回線とdocomo回線の2つのプランがあることで人気が出てきています。電波のエリアも広く通話の品質も良いのでキャリアと同じような感覚で使えます。mineo?という方の為に、mineoの評判から最新キャンペーン情報までまとめたレポートです。mineoに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomoとdocomo・AUエリアで使える格安スマホ!

mineoはdocomo回線とau回線を用意している国内初のマルチキャリアMVNOです。通話も高音質でキャリアとほとんど変わりませんし、対応エリアも大手キャリアと同様です。今持っているdocomoやauの端末をそのまま使用できるので、スマホを新たに購入しなくても大丈夫です。高額なスマホを買わなくていいのは、安く乗り換えできて助かりますよね!もちろん、mineoで販売している格安スマホも、docomoプランとauプランのどちらにも対応しています。docomoやAUの回線を安い価格で安心して使う事ができますし、月々の利用料金も安く済むのは嬉しいかぎりです。なお、利用料金がそれぞれ異なるので、その点も比較しながら検討するといいとおもいます。

VoLTE専用プランあり

mineoには、VoLTE対応プランがあることで話題です。「VoLTE」は、従来の音声通話の音質を改善した、最新の通話方式の名称となっています。300Hz?3.4kHzまでの周波数を今までは拾うことができていましたが、このVoLTEでは、50Hz~7kHzまでの音が拾えるようになっています。そのため、今までよりも格段に品質の高い通話音声が出来るようになったのです。mineoを選ぶにあたり、このVoLTE対応プランがあるというのは、かなり大きなメリットになります。

データ繰り越しも可能

mineoの料金プランでは、当月に利用しなかった分を翌月へ繰り越すことができるため、データ通信量が月によって大きく増減があり一定しない方でも 、安心感をもって使用できるということは、大きなメリットですね。

mineoスイッチを駆使して、データ量を節約

そしてmineoスイッチというものもあって、自分で通信速度を高速か低速に切り替えられます。
この機能によりデータ消費量を抑えることができてとても便利です。mineoqスイッチとWi-Fi(公衆無線LAN)を上手く利用することで、さらに安いプランでおさめることができます。スマホ料金を節約したい方の味方になることは間違いないですね!

ケイ・オプティコムの格安SIMの月額プランと解約について

mineoの月々の料金設定や速度について説明していきます。今使ってる携帯料金と比べながら、いったいどれだけ安くなるんだろうかってことを、比較しながら読んでいただきたいです。ということで、月額料金と初期費用をチェックしてみましょう。

mineoの料金プラン・初期費用

mineoのプランは、音声通話付きSIMとデータ通信専用SIMの二つの選択肢があります。
070/080/090といったナンバーが音声通話SIMで使用可能なので普通の携帯電話としても使いたいときには、音声通話SIMを利用したほうがいいですよ。音声SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円となっています。

データ専用SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっています。

mineoの違約金

mineoの解約違約金について、解説していきます。mineoのメリットとしてあげられるのが、解約違約金が発生する心配がいらないMVNOです。ということは、お試し感覚で気軽に格安スマホを使ってみることができるわけで、気軽に試せるのが嬉しいですね。しかし、1年以内に他社に乗り換えると、12,420円の手数料がかかってしまいます。通話SIMを契約される方は、この点をしっかり覚えておかれると良いでしょう。

mineoの回線スピードに関して

mineoのインターネット通信速度について調べてみました。ドコモ回線を利用するプランでは225MbpsのLTE回線ですし、AU回線でも、225MbpsのLTE回線となっています。各メディアでも話題になっている事ですが、回線が混雑する時間帯では、大手キャリアとの提携回線の契約の方が格段に速いです。混雑時間帯だとしても、安定した通信速度を求める人にとっては、キャリアで契約する方が無難な選択です。毎月の使用料金が安いので、全体的に高いコスパと満足度が得られることは間違いないでしょう。

mineo AU回線プランにおける速度制御

どのMVNOにおいても一緒ですが、利用者が公平に利用できるよう、データ通信を多く利用したユーザーには、速度が制限されます。直前の72時間の通信データについて容量を通算した結果、規定のデータ通信量を超えた利用者に対し、200Kbpsという低速通信が実施される事です。直近で72時間、通信量が定められた値に達していなければ、その時点で解除されます。こちらからの手続きは特に不要です。この制限は、通常の使い方をしているならば、まずされないと思います。料金プランごとの規定容量は規定されていないようで、Aプランは、各プランともに、直近3日で1GBが規定値に設定されています。

マイネオ docomo回線プラン帯域制限

mineoでdocomo回線を利用したプランは、最近の3日間の通信量がいくらであっても、速度制限をしません。毎日の通信量に大きな波があることが事前に予測できる場合は、AU回線を用いたAプランよりも、docoも回線を用いたDプランの方が、3日制限を気にしなくていいので、いいかもしれません。これらに関しても、どちらのプランが適切か比べてみてください。

今なら間に合う期間限定キャンペーン

 - mineo , , , ,