格安スマホ3台で1万円切る理由

今話題の格安スマホ、家族3台を契約しても1万円を切る理由とおすすめMVNOを解説!今のスマホを活用すれば、格安SIMのみの契約で済むので3台で4,000円台も可能!スマホ代節約の一手に、格安スマホをどうぞ!

格安SIMを使うメリット・デメリットを知るのがスマホ代節約の第一歩

   

格安SIMを使うメリット・デメリット

最近、格安simが流行っているのはご存知ですが?通信費用を安く抑えるための手段として格安simを導入する人が増えています。月々の負担金額が本当に安いのでまだ格安simではない人は早く格安simにするべきでしょう。

しかし、大手キャリアの通信プランでもメリットがある場合があります。なので全ての人に格安simがいいとは一概に言えません。

このページでは格安simにするか迷っている人のために、格安simのメリット、デメリットについてお話ししたいと思います。

そもそも格安SIMとは?

知らない人も多いかもしれないので簡単にお話しさせていただくと、スマートフォンの中にはデー電話やデータ通信を行うsimカードと呼ばれる小さなチップがあります。

大手キャリアでスマートフォンを買うと、スマートフォンの中にキャリアのsimが入った状態になっています。キャリアの通信プランは月々に6,000円以上もの安くない金額を払う必要があります。

それに比べて格安simだと、通信プランにもよるのですが月々2,000円ほどで大手キャリアと変わらない通信プランを選ぶことができます。大手キャリアに比べて金額がとても安いsimカードなので格安simと呼ばれております。

格安SIMのメリットは?

さて格安simについてどんなものなのか、理解していただけたと思います。ここで大手キャリアと比べて格安simのメリットについてお話しします。

データ通信が安い

格安simのメリットは何と言ってもこれです!大手キャリアの一般的なデータ通信プランは7Gで大体6,000〜7,000円ほどします。これに対して、DMMの7Gで通話可能なプランは2,560円となっており、大手キャリアに比べて非常に安いです。

値段が半額以下で3,000円以上も安くなる計算です。月々3,000円安くなるとすると年間で36,000円も節約することができます。36,000円も安くなると何回飲みに行けるのでしょうか…?

またスマホであまりネットを使わない人の場合だと、7Gも通信量を使わないかと思いますのでもっと安いプランを選択することもできます。電話だけで十分な方はDMMのsimだと月々1,140円まで抑えることができます。

2年縛りがなくなる

続いて、格安simにするもう1つのメリットがあります。それは大手キャリアが行っている2年縛りがなくなります。

大手キャリアだとスマートフォンを解約しようとすると2年目の1ヶ月目じゃなければ違約金を支払わなければなりません。

格安simは使ってみてイマイチだったり、スマートフォンの機種が変わっても違約金は発生しません。大手キャリアのように縛られたりしないので、自由に契約を解除したりすることができます。

格安simのデメリットは?

格安simにするとデータ通信費が抑えられたり、2年縛りがなくなったりといいこと尽くめのように思えますが、残念ながらデメリットもあります。

キャリアメールが使えない

格安simは大手キャリアとの契約ではないので、docomoやauといったキャリアメールというものがありません。もしキャリアメールが使えなくなると困るといいう人は格安simにしないほうがいいでしょう。

もしメールアドレスを新たに作れば問題ないのであれば、aolメールやGmailなどで新しいメールアドレスを作りましょう。

通話料がかかる

大手キャリアのプランだと、同じキャリア間だと通話無料になったり、家族がただになったりします。しかし格安simは電話が無料でできることはありません。電話したらした分だけお金がかかります。

電話代は30秒で20円かかりますので、頻繁に電話する人は格安simにしても電話代金が多くかかってしまいます。そうすると節約するために格安simにしたのにキャリア以上に使用料金がかかってしまう可能性もあります。

格安SIMのメリット・デメリットまとめ

大手キャリアと比べて格安simのメリット、デメリットについてお話しいたしました。
格安simにするときは、自分が電話をどれだけするのか?を考えてから格安simにしたほうがいいでしょう。

格安simには電話し放題プランがないので、電話を多くする人は無理に格安simにせずに大手キャリアのままでいるほうがようでしょう。

 - 格安スマホの料金 , , ,