格安スマホ3台で1万円切る理由

今話題の格安スマホ、家族3台を契約しても1万円を切る理由とおすすめMVNOを解説!今のスマホを活用すれば、格安SIMのみの契約で済むので3台で4,000円台も可能!スマホ代節約の一手に、格安スマホをどうぞ!

Umobileの料金と評判・詳細について

      2016/04/01

Umobile月額プランと解約

Umobileを利用する際の料金体系と通信スピードに関してご案内します。現在ご利用中の携帯電話の料金と比較して、通信費用をどの程度カットできるのか、参考にしてみてください。 料金プランを見ていきましょう。

Umobileの料金プラン・初期費用

Umobileの料金プランに関しては、今話題の格安SIMは、大きく分けてデータ専用SIMと、音声通話可能SIMがあり、料金も異なります。070・080・090の電話番号が使いたい場合は音声通話付きSIMが必要で、スマホとしてこれまでと同じように利用を継続したいのであれば、必ず音声通話付きのSIMカードを選択してください。くれぐれもデータ通信専用SIMと間違わないように注意してください。音声SIMの料金プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円となっています。

データSIMの料金は、1GBプラン:790円、5GBプラン:1,480円、LTE使い放題プラン:2,480円となっています。

音声SIMの「LTE使い放題2プラン」は12ヶ月の解約縛りが付く代わりに、1ヶ月LTE使い使い放題プランと比べても、250円引き下げられるという内容のプランです。

Umobileの解約制限について

Umobileの解約制限と違約金に関して、まとめましたので、ご紹介します。データSIMでは、「最低限これだけの期間は解約しないでくださいよ」という決まりは特にありません。お勧めするものではりませんが、例えば最初の一ヶ月のみ使ってすぐ解約しても、手数料に類するものは一切取られないわけです。音声通話用SIMをお使いの場合は、さすがにそういうわけにもいかず、少なくとも6ヶ月間は契約を続けることが前提になっています。6ヶ月利用せずに解約手続きした場合は、違約金として6,000円支払う必要があるので注意して下さい。しかし、大手キャリアの場合は、最初の縛り期間が自動更新されますが、格安スマホの場合は自動更新とはならないという点で、こちらの場合は、7ヶ月を過ぎればいつ解約してもペナルティがかからないのがメリットです。

LTE使い放題2の違約金

U-mobileのいろいろあるプランの中で、LTE使い放題2プランだけには、他のプランにはない解約をするときの制限があります。契約してから6か月以内にその契約を解除するのであれば、違約金として9,500円発生致します。契約後、7か月から12か月の期間に契約を解除するのであれば、違約金として3,500円をお支払いただきます。同じく、利用開始月から1年1ヶ月以内のプラン変更に関しても3500円のプラン変更の手数料が発生します。上記のとおり、他のプランとは異なる点がいくつかございますのでご注意ください。月額料金を割引にしている分、1年以内の契約変更手数料は高めですが、違約金が発生しない1年以上、利用される方にとっては、LTE使い放題2プランを断然おすすめさせて頂きます。

Umobileの評価

Umobileの魅力といえば、無制限にLTEが使えるプランがLTE使い放題プランです。高速通信を無制限で利用できるという、このdocomoのサービスは、他社には滅多にない画期的なプランです。この、使い放題プランを利用して、他社から乗り換えれば、月ごとのスマホ利用料金を大きく抑えることもできそうです。

音声SIMなら、毎月最大600ポイント還元!

契約数100万を超えた動画配信サイト「U-NEXT」で使用できるU-NEXTポイントというものが、契約したプランによってそれぞれのポイントが貰えます。このポイントバック特典はLTE使い放題の2プランでは毎月400ポイント、その他のプランでは更に+200ポイントの毎月600ポイントが還元されます。つまり、「U-NEXT」は、1作品の視聴で300円程度かかりますので、月に2本くらいは無料で視聴できるというわけです。U-NEXTで配信される作品は、映画はもちろんのこと国内外のドラマやアニメなど、様々なジャンルを幅広く取り揃えています。毎月の支払いが3,000円以下と、格安の契約にも関わらず2本分のポイントが貰えるというのは、素晴らしいサービスなのではないでしょうか。

Umobileって?

格安SIMと格安スマホで高い評価を得ているMVNOの一つ、Umobileは、これは、U-NEXTという動画を配信している会社が運営している格安スマホや格安SIMです。運営会社は、株式会社U-NEXTで、ここは2015年に東証一部に上場しているので、上場した事で更に信頼と安心感が増し、新興企業ながら、すでに代表的なMVNOの一つに数えられる存在になっています。Umobileの特筆されるべき点は、高速データ通信に制限がないところです。格安に高速回線を使い放題したい方は、Umobileがおすすめです。早速で恐縮ですが、Umobileの料金やデータ通信に関してまとめましたので、気を楽にして、読んで頂ければと思います。

docomo回線網の格安SIMサービス

格安スマホサービスの一つである、Umobileはdocomoの回線を利用しています。そのため安心の通話品質です。docomoと全く同じクオリティの通話が可能で、対応するエリアの範囲は広いので、つながりやすさはピカイチです。また、現在docomoのスマホを使用していれば、そのままUmobileで使用することも可能です。これを機会にスマホ本体も更新したいという方のために、U-mobileはお得なセット販売も行っています。
docomoのスマホを使うのであれば、SIMカードだけ購入すればいいので、また新たに機種を購入する必要もありません。docomoの通話品質を使って、格安で利用できるUmobileは実に魅力的な商品です。

LTEが使い放題

LTE無制限というプランを、他者にはないプランをUmobileは掲げており、ほとんどのMVNO事業者が対応できていない現状において、このプランがUmobileの魅力となっています。LTEの高速回線を、容量の上限を気にせずに利用したい方にとって、速度や容量の制限について心配が不要になるため、まさにうってつけなプランと言えますね。LTEの使用制限が無い上に、毎月の料金も2,730円という据え置き価格なのも魅力です。他者のプランと比べてみても、いかに価格面でお得なプランであるかが良くわかると思います。毎月の通信量がかさみがちな利用者にとっては、お得感がとても大きい料金設定のはずです。動画やゲームなど通信量が比較的多い人にとっては見逃せないMVNOです。LTE使い放題プランの詳細については、Umobileの公式サイトをご覧ください。

即日MNPOK

即日MNPに対応しているのも、Umobileの魅力の一つです。Umobileは、MNP届け出方式という、従来とは変わった方法を採っており、店舗へ出向かずオンラインでの手続きを済ますだけで、サービス不通期間を生じることなく、MNPを行うことができるようになりました。従来は、即日MNPを行うには、店舗へ足を運ぶ必要がありましたが、今では自宅にいながらにして回線を切り替える事が出来るので、即日MNPがどこでも出来るようになりました。SIMカードが到着するまでの数日の間、回線が使えないことが不安で、格安スマホへの乗り換えができなかった方でも、安心してMNP出来るようになっています。SIMカードが届いた後の手続きは、Umobileのマイページから開通依頼が行えます。これでMNPの切り替えが完了。格安スマートフォンへの乗り換えが簡単に出来るようになっています。

Umobileの回線スピード

たくさんあるMVNOのうち、Umobileは、使用している格安スマホのサービス体系はdocomoの225MbpsのLTE回線である。注目すべきは回線速度の速さと、対応エリアの広さでそういった点で安心できるサービスということができます。

Umobileにおける72時間制限

どのMVNOでも変わりませんが、誰もが同じように使用できるよう、データ通信を多く利用したユーザーには、速度が制限されます。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、ある規定の容量をオーバーしてしまった利用者には、通常より遅い通信速度での使用ならば可能な速度制限が適用されます。速度が制限された状態はいつまでも続くことはなく、直近3日間の通信量があらかじめ定められた容量に収まれば自動的に解除されます。この規定量は一般的な利用であれば、超えることはあまりまりません。Umobile公式サイトを確認しましたが、規定通信量の明記はありませんでした。

現在開催中のキャンペーン

 - Umobile , , , ,